サイトマップ
文字サイズ
  • 標準
  • 拡大

ニュース

2月14日(土)「ニッセイ緑の環境講座」(大阪)を開催しました

2月14日(土)ニッセイ新大阪ビルにて「ニッセイ緑の環境講座」(大阪)を開催いたしました。

一般財団法人水俣病センター相思社 永野 三智氏が水俣病事件「支援者第二世代の試み」と題した講演、続いて愛林館 館長 沢畑 亨氏 から20年間水俣の源流域で続けて来られた現場での取組についての講演を頂き、その後会場からの質問にお二人で答えて頂きました。



山形、福井、静岡、広島など大阪近辺以外からの参加者を含めて環境講座に初めて参加される方も多く、合計41名の方に来場頂きました。

会場からは多くの質問が出され、アンケートにも殆どの方が回答頂き、関心の高さを伺わせました。また、ご参加いただいた皆様からは「水俣病は終わった問題と思っていたが、今も続く問題と初めて知り、改めて問題の根深さや、この問題をより普遍化して今後に生かすべきだと感じた。」「水俣病事件の複雑さが分かった。棚田の活動に感動した。」などの感想をいただきました。 お二人の講師のお陰で中身の濃い環境講座になりました。



一般財団法人水俣病センター相思社の永野氏より、「水俣病事件〜支援者第二世代の試み〜」と題して、現在進行形の水俣病と向き合いながら未来を見据えた活動に取り組んでおられる現状を語っていただきました。

愛林館館長の沢畑氏からは、棚田の取組を中心として、現代社会が抱える課題にも言及しながら、水俣の源流域の現場を紹介いただきました。

質疑応答の様子です。質問が非常に多く時間が足りないほどになりました。

個人情報保護方針サイトのご利用にあたってサイトマップ
公益財団法人 ニッセイ緑の財団
〒105-0001 東京都港区虎ノ門1-21-17
Tel 03-3501-9203 Fax 03-3501-5713